血液透析センター

血液透析センター

【ベッド数20台・患者数約50数名】

体内の老廃物は便や尿となって排出されますが腎臓の悪い人は尿が出なくなり血液の中に老廃物から出た毒素がたまります。そのため昔は多くの人が尿毒症となって命を落としました。
現在では、これらの人たちを血液透析という治療法などで毒素を取り除き、救命できるようになりました。
全国で30万人近い方が、この治療法で生活されています。
透析は一週間に2~3回、1回に要する時間は約4~5時間です。旅行などで当地に来られた患者様も積極的に受け入れて、便宜をはかっております。 体力的に通院が困難な方、交通の不便な方のために患者様の送迎も行っております。合併症などで通院不可能な場合には、入院も可能です。

血液透析治療には、血液を体外に循環させるためのブラッドアクセスとして動脈と静脈を吻合する手術が必要となります。また長期間の使用によって静脈が荒廃してしまった方には、人工血管移植手術が必要となります。これらの手術はすべて当院で実施しております。

 
ページの先頭へ